パナマハットの保管方法・お手入れ

パナマハットの保管方法・お手入れ

目次

日常のお手入れ方法

ご使用の都度こちらのお手入れをして頂くと、長く良い状態でお使い頂けます。

日常のお手入れ方法

汗や汚れた箇所は、固く絞った濡れタオルで軽く叩くようにして丁寧に拭き取ってください。

日常のお手入れ方法

乾いたタオルで水分を充分に拭き取ります。

日常のお手入れ方法

全体の型を整えます。

日常のお手入れ方法

風通しの良い場所に陰干ししてください。
※洗濯ばさみは使用しないでください。
(タオルを干す台、または大きなザルにタオルをしいておくと良いです。)

日常の保管方法

配送時の箱は取っておいて下さい。型崩れを防ぎ、保管にも重宝します。

日常の保管方法

型崩れ防止の為、日常のお手入れ後に乾燥剤を入れた専用の箱に収納してください。

日常の保管方法

低温で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。
低温を保つため、薄い布や和紙等で覆って保管する事をおすすめ致します

汚れを防ぐための予防方法

大切なパナマハットを、汚れる前に対策しておきたい!そんな時に役立ちます。

汚れを防ぐための予防方法

予めスベリ(帽子の内側のふちの部分)に、布や汗取りテープを貼り付けておくことで、ハットに汗染みが付いてしまったり、汚れてしまうことを防ぎます。
汗取りテープはこまめに取り替えてください。

汚れてしまったときの対処法

うっかり汚してしまった!そんな時にはこちらを参考にしてみて下さい。汚れ落としのアイディアを公開中です!

汚れてしまったときの対処法

応急処置として、水と二酸化炭素のみでできている炭酸水で、汚れをやさしくふき取ってください。
日常的な汚れでしたら比較的落ちやすいです。その後、日常のお手入れと同様に乾かします。

汚れてしまったときの対処法

(1)で落ちなかった場合、オキシドールと、食器洗い用中性洗剤を1:1の割合で混ぜたものを綿棒につけ、汚れ以外のところに付かないように注意しながら汚れた部分に付けてください。

汚れてしまったときの対処法

半日ほどおいて、汚れが落ちたら、日常のお手入れと同様の手入れをします。
(乾かすときは、日常乾かすときよりも少し長めに、半日~1日程度陰干ししてください)

型崩れしてしまったときの対処方法

形が崩れてしまった時に、是非ご覧下さい。ちょっとコツを覚えれば、意外と簡単なのです!

型崩れしてしまったときの対処方法

あらかじめ軍手など、手袋をはめておきます。

型崩れしてしまったときの対処方法

帽子から約5cm離したところから、スチームアイロンでスチームを出し、形を整えていきます。
スチームは熱くなっているので火傷にご注意ください。

型崩れしてしまったときの対処方法

そのままの状態でパナマハットの蒸気のぬくもりが取れるまで待ちます。
その後は、日常のお手入れと同様に乾かします。

濡れてしまったときの対処法

パナマハットの天敵は何と言っても湿気です。濡れた時にご家庭にあるもので簡単に乾かせます。

濡れてしまったときの対処法

乾いたタオルを裏からあて、約10cmはなしてドライヤーの弱モードで生乾き程度まで乾かします。
(繊維が弱くなってしまうので乾かしすぎないでください)

濡れてしまったときの対処法

形を整えてその後は、日常のお手入れと同様に乾かします。

パナマハットを扱うときのご注意

その他、パナマハットをより良い状態で保管するための注意点はこちら。

パナマハットを持つ時は、クラウン(頭の部分)のくぼみは絶対に持たないでください。型崩れや破れの原因となります。
被る時や脱ぐ時は、両手でブリム(つばの部分)を持って扱ってください。

一度破れたり折り目がついたりしますと、元に戻りませんので、ご注意ください。

パナマハットは、トキヤ草の葉を細く裂いた紐を編んで作られています。トキヤ草は麻に近い素材です。
そのため、酸で繊維が傷むことがあるので、お酢などの酸性のものにはつけないようにしてください。

関連コンテンツ